• HOME
  • >
  • コラム
  • >
  • 医者も含めて99%の人が腰痛に対して間違った考え方をしている

医者も含め99%の人が腰痛に対して間違った考え方をしている

実はお医者さんも腰痛の原因が分かっていない

今の腰痛治療の現状

腰痛や肩こり、首痛などで病院に行って、しっかりと治療をしてもらったことってありますか。
 
軽く診察されて、特に何か治療することなくお薬を渡されて、「はい、終わり!」というケースがほとんどなのではないでしょうか。
 
自分の痛みの原因は何で、どうすればその痛みを軽減できるのかを知りたくて、あるいは治したくて病院に行っているのに、お医者さんはその期待に応えてくれない・・・。そういう方も多いのではないでしょうか。
 
でも、これはある意味仕方がないことなのです。痛みの原因や治療方法に確信を持てないまま、患者に治療することはベテランの医師だろうとなかなか出来る事ではありません。
 
治療を施すことが出来ないと言うことは、それだけ医者も自信がないからと言うことなのです。

痛みのメカニズムを忘れてしまった医師達

では、なぜそのような事になってしまったのでしょうか。
 
医学博士、整形外科専門医、リウマチ専門医、心療内科登録医で「加茂整形外科医院」の院長加茂淳先生は、

医師の卵は筋肉の生理学や病態についてほとんど習わないのです。なぜか現代医学から「筋肉」がすっぽりと抜け落ちてしまっています。いまの医学教育では、「痛みのメカニズム」については、基礎医学の生理学で臨床の勉強を始める前にちょっと習うだけで、医師になる頃にはすっかり忘れているのが現状だと思います

 
と著書「トリガーブロックで腰痛は治る!」の中でおっしゃっています。
 
つまり、レントゲンやMRI、関節鏡で見える「骨格異常」にのみ注目してしまい、本来目を向けるべき痛みのメカニズムには見向きもしなくなっているのが現状なのだそうです。

ヘルニアがあるから腰が痛いわけではない

 
骨格異常の代表格の一つである椎間板ヘルニアを例に挙げて考えてみましょう。
 
私たちはよく「ヘルニアが神経を圧迫して痛みがでている」という説明を耳にすると思います。ところが、生理学者に言わせたら「神経を圧迫しても痛みが生じるワケがない」と答えます。この時点で医学と生理学の間で矛盾が生じてしまっています。もちろん、この矛盾に気付いている医師は多くいらっしゃいます。しかしほとんどの方は「矛盾は医学につきもの」ということで、例外にしてしまっているのではないでしょうか。

ヘルニアでも痛くない

 
さて、私たちの整体院にもよくヘルニアと整形外科医で診断された方がいらっしゃいます。早い方は4,5回ほどの施術で腰痛がなくなるのですが、それによってヘルニアも治っているのでしょうか。
 
あるお客様が私たちの施術を受けて腰痛がなくなった後、レントゲンを撮る機会がありました。なんとその方は痛みはないのにヘルニアのままだったのです。
 
ここに面白いデータがありますので、紹介します。
 
このデータはFullenlove TM & Williams AJ が1957年に学術誌「Radiology」で報告した研究結果です。データとしては少し古いですか、骨格異常と痛みをの関係を考えるのにちょうど良いのではないしょうか。


腰痛患者(200名中) 健常者(200名中)
 脊椎すべり症 1.5% 2.5%
腰仙移行椎 13.5% 9.5%
 潜在性二分脊椎 3% 26%
 椎間狭小 21.5% 31%
 変形性脊椎症 20% 34%
脊柱側弯症 30% 45.5%
腰椎前弯過剰 1% 2.5%
腰椎前弯減少 22% 22%
骨粗鬆症 1% 2.5%
シュモール結節 5.5% 13%
椎体圧迫骨折 0% 10.5%
骨盤傾斜 2% 1.5%

データからも分かるように、骨格異常と痛みは直接関係ないと考えることが出来ます。むしろ、痛みを感じていない健常者の方が骨格異常が多かったという結果は、非常に興味をそそられます。

座骨神経痛や脊柱管狭窄症も痛みの原因ではない

神経は圧迫されても痛みは生じないと言うことであれば、神経を圧迫することによって痛みが生じていると考えられている座骨神経痛や脊柱管狭窄症も実際はあり得ないということになってきます。

腰痛を改善するためには、まず自分が知識をつけること

ここまでの説明で、今病院で行われている腰痛に対する考え方がずれていることに気付いて頂けたのではないでしょうか。現状として、ご自身の腰痛を何とかするためには、ご自身で腰痛に関する知識を身につけるのが一番手っ取り早く解決することが出来る可能性が高いです。

最後に

これからも、腰痛に関する情報や整体院での施術を通して得た経験やデータなどを元に、腰痛改善に役立つ情報を配信していきたいと思います。

著者プロフィール

鮎川史園 (あゆかわ しおん)


ミオンパシーサロン
整体院「いぎあ☆すてーしょん白金台」院長
主な著書
「体の痛み」の9割は自分で治せる(PHP文庫)
仕事力を一瞬で上げるカラダのスイッチ(自由国民社)
たった90秒!カラダの痛みを自力で治す本(笠倉出版)

子どもたちが笑顔になるためには、親の世代を笑顔にするしかない!笑顔を作るために日々精進しております。

 いぎあ☆すてーしょんのホームページはこちら
お問い合わせ先:0120-963-482

 
 

お気軽にコメントをご投稿ください